スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無免許運転の住職実刑「指導すべき立場でしょ」(読売新聞)

 道交法違反(無免許運転)に問われた横浜市旭区上川井町、長源寺住職新居宝寿被告(52)の判決が2日、横浜地裁であった。

 小池勝雅裁判官は「彼岸法要の案内を投函(とうかん)するために急いでいたと言うが、もとは自身の怠慢によるもので犯情は誠に芳しくない」と述べ、懲役3月(求刑・懲役5月)を言い渡した。小池裁判長は判決後、「人を指導すべき立場にある者がこうした場にいること自体がおかしい」と被告を叱責(しっせき)した。

 判決などによると、新居被告は3月16日夜、同区二俣川の県道で乗用車を無免許運転した。被告は2002年に違反点数の累積で運転免許取り消し処分を受けており、これまで無免許運転で2回の罰金刑のほか、08年10月には執行猶予付きの有罪判決も受けていた。

<電子書籍>市場に変化 紙に代わる価値生む?(毎日新聞)
樽床氏は午後6時に出馬会見(産経新聞)
口蹄疫問題 ブレ続けた「政治指導」にため息(産経新聞)
弁護士刺殺 現場に大型ナイフ 手袋はめ、計画的犯行か(産経新聞)
<野口宇宙飛行士>あす帰還 通算177日滞在、日本人最長(毎日新聞)
スポンサーサイト

昨年の新規AIDS患者、08年と同数で過去最高(医療介護CBニュース)

 厚生労働省のエイズ動向委員会の岩本愛吉委員長(東大医科学研究所教授)は5月27日、2009年のエイズ発生動向の概要について発表した。09年の年間報告(確定値)によると、新規HIV感染者は過去最高だった08年の1126件から105件減の1021件で、新規AIDS患者は過去最高だった08年と同数の431件だった。

 保健所などにおけるHIV抗体検査件数は15万252件で、前年比2万6904件減だった。岩本委員長は、新規HIV感染者の報告数と検査件数の減少について、「一見、同期しているように見えるが、それが本当に同期しているのか、検査が減ったから感染者の報告も減ったのかということに関して、まだ結論付けるのは早いというのが動向委員会の委員の考えだ」と述べた。

 また、新規のHIV感染者とAIDS患者に占めるAIDS患者の割合が、08年の27.7%から09年は29.7%に増加している点について岩本委員長は、「エイズを発症して感染が見つかる方の数が増えている。まず、検査機会などを利用して早めに治療してもらうことが非常に大事と思っている」と強調。
 さらに、地域ブロック別の患者の新規報告数で、「東京を中心とした関東ブロック等では、エイズ報告数は減少あるいは頭打ちの傾向を示しているのに、近畿、九州でエイズとして発見される方々が増えていることは非常に問題が大きい」と述べ、検査機会が十分なのかなど原因を精査する必要性を指摘した。


【関連記事】
「HIV検査普及週間」を実施
エイズ対策、働き盛り世代にも啓発を-東京都
患者参加で「患者本位の医療」を実現する
HIV感染者高齢化、受け入れ先確保に課題
妊娠のリスク知ってほしい―現役産婦人科医が11か条の心得

ウソのような本当の腕時計「Double Axis Tourbillon」
<日中韓>北海道で3カ国環境相会合 黄砂対策などで協力(毎日新聞)
<両陛下>知的障害者施設を視察 神奈川(毎日新聞)
「肩当たった」大学生監禁=少年2人、容疑で逮捕―大阪府警(時事通信)
辻元・国交副大臣、涙ぬぐい「さみしいしつらい」(読売新聞)
プロフィール

Author:さかぐちこういち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。